芸能

水原碧衣の学歴まとめ!高校は岐阜高等学校で大学は京都大学で特定!

芸能

第77回ゴールデングローブ賞主演女優賞を獲得したアメリカ映画「フェアウェル」その映画に唯一の日本人として出演をした水原碧衣さん。

英語・中国語を流暢に話し、その才女ぶりにも注目が集まっています!今回はそんな水原碧衣さんの学歴を調べてみました。

 

水原碧衣の学歴まとめ高校は岐阜高等学校

水原碧衣さんは岐阜県出身で高校は岐阜高等学校です。

偏差値も高く、国公立や有名私大への進学率が高いようです。

優等生だった私が劣等生になったのが、高校時代です。入学した岐阜高校は進学校だったので、各中学のトップレベルの子たちが集まります。その中で私の成績は400人中300番台。今まで優等生といわれることにプレッシャーを感じていた私は、誰の目も気にせず、気楽に過ごせることがとても心地よく感じました。とはいえ、さすがに高校3年生になるとそろそろ受験勉強に本腰をいれないといけません。私は、医学部を目指していました。私の親は幼いころから厳しくて、親からは医師か弁護士か公務員のような職業に就くことをすすめられていました。その中で一番興味があったのが医師だったのですが、私は実は理系科目が苦手でした。また勉強スタイルもコツコツ型ではなく、一夜漬け型で試験の直前に教科書をバーッと丸暗記する短期の暗記が得意でした。
出典:朝日新聞EduA

とインタビューに答えていることから岐阜高校を卒業しています。

小中学校時代はトップの成績で、そんなに勉強をしていないのに「がり勉」などと言われ傷ついていたようです。

逆に進学校に入ってからはトップでないことで気楽に過ごせたといっていますね。なんともうらやましい悩みです。

水原碧衣の学歴まとめ大学は京都大学

水原碧衣さんのご両親は大変厳しく、医師か弁護士か公務員と言われていたようです。医師を目指そうと思っていたらしいのですが理系が苦手ということで文系に変更しました。

高校卒業後は京都大の法学部に進学しました。入学後、まわりの子たちの多くは法律に興味があり、本気で司法試験を目指していました。私はそこまでの思い入れがないまま、法学部という聞こえのいい感じと親の期待で入学し、法律の勉強を避けながらの学生生活を続けていました。卒業後は早稲田大大学院に進学し、弁護士を目指したのですが、どうしても「俳優になりたい」という夢があきらめきれずにいました。
出典:朝日新聞EduA

このインタビューから京都大学法学部を卒業していますね。その後早稲田法科大学院に進学し弁護士を目指していたようです。

早稲田法科大学院を中退し北京電影学院へ留学

早稲田法科大学院に進学したものの「俳優になりたい!」という夢をどうしても諦められなかったようです。

色々芸能事務所をあたったようですがどうも思うようなところがなく、北京電影学院に留学しました。

北京電影学院は世界でもトップクラスの映画専門大学で宝塚に入るような難しい倍率なのだそうです!

そこで世界レベルの授業を受けなんと主席で卒業、卒業公演で主役を果たしました。これは留学生では初の出来事だったそうです!

水原碧衣さんのプロフィール

生年月日・・・1985年11月30日

出身地・・・・岐阜県

身長・・・・・163cm

サイズ・・・・B85  W60  H86

趣味・特技・・ダンス(社交ダンス、ストリートダンス、ジャズダンス等)

       テコンドー、キックボクシング

MENSA会員 2010年~現在まで

(※MENSAとは人口上位2%に属する知能指数を有することを唯一の入会資格とする)

日本での出演TV・映画

〇NHK教育テレビ「テレビで中国語」現地レポーター

〇テレビ朝日「裸の少年」

〇TBS「炎の体育会TV」

〇映画「パッチギ」

まとめ

中国を拠点に活躍されていて中国での出演作は数多くあるので、ここでは日本での出演作を調べてみました。京大卒のMENSA会員にしてハリウッドでも認められる実力の持ち主!

弁護士を目指していたのを辞めて「俳優になりたい!」という夢をかなえた水原碧衣さん。今後はアメリカや日本にも活動の幅を広げていきたいとのこと。

ますます活躍が期待できそうですね!!

steady wind

コメント

タイトルとURLをコピーしました